着物情報館しまのわ

着物についての豆知識をまとめているサイトです。豆知識の投稿はお問い合わせからお願いいたします。

着物買取の体験談-紬を売ったときのこと

母や祖母の紬を売った時の体験など、紬についてまとめました。

 

紬ってなに?どんな着物?

紬とは、蚕の繭をお湯で煮て、糸を繰り出し、より(ひねり)をかけて強く丈夫にした糸で出来た絹織物です。
結婚式や、正式なお茶席、パーティなどで着る留袖・振袖・訪問着などと違い、普段着の着物とされています。

最近では、無地の紬に刺繍などで絵柄をつけた訪問着・小紋なども数多くあります。
とても着やすく又、着崩れしにくので着付けの練習や、ちょっとしたお出かけのおしゃれ着として使用できます。

有名な紬といえば「大島紬」「結城紬」となるでしょうか。
他にも、黄八丈(時代劇などでみかける、黄色と黒の格子模様や縞模様の着物)などがあります。

大島紬

伝統工芸品です。

奄美大島・鹿児島が産地で、先染め後織りのものが一般的です。
とても独特な質感で、つるっとしていて、光沢があるのが特徴です。

見た目も着心地もシャキッとする着物で、着用時にシュッシュッと衣擦れの音がするのが、たまらなくおしゃれです。

柄の出し方を、簡単に説明すると、先に絹糸の模様になる部分を縛り、色が入らないようにしてから染めます。

その絹糸を用い、縦糸または横糸だけで柄をだすものと、縦糸と横糸とあわせて柄を出すものとがあります。

後者のさらに柄の細かい緻密な模様が表現される12マルキというものが、一番良いとされています。

色は泥染めが一般的ですが、中には藍染めや色のついた大島紬もあります。

なお、産地ごとに規定を満たし検査に合格した大島紬の反物には「登録商標」があります。

この「登録商標」には織り元の名前検査合格印が入っており、横に「伝統工芸品マーク」が貼ってあります。

結城紬

国の重要無形文化財で伝統工芸品です。

栃木県、茨城県が産地で、先染め後織りのものが一般的です。
大島紬と違い、見た目から優しく、とても素朴な質感が魅力です。

まず、繭を煮て、繭5個位を広げながら重ね、真綿をつくります。
その真綿を「つくし」という道具につけ、唾液をつけた指先で真綿を細く捻り、紡いで作られます。

無理な張りがなく弾力があり、さらに糸にふし(小さい綿の粒)ができ、織り上がった布は、ふわっと包み込んでくれて肌にすいつくような感じすらします。

柄の出し方を、簡単に説明すると、織る前の糸を、柄に合わせ、染めてはいけないところを綿糸で縛ります。

少なくとも400か所以上縛り、その糸の染まったところと染まっていないところをあわせ、細かい亀甲柄がでるように織っていきます。
(淡い地色に濃い絣を現す場合には、絣になる一つ一つの部分に直接染色する熟練された高度な技術を用いる染色方法もあります)

途方にくれそうな細かい工程があり、出来上がる結城紬に、またいっそうの魅力を感じます。
 
現在、本場結城紬の「登録商標は」4種類。合格証印・重要無形文化財技術・各社のロゴが入ったものが証紙ラベルとなり、反物に貼ってあります。
 

増えすぎた紬達。紬を買取りしてくれるところはある?その相場は?

高い技術を持って作られた紬は大好きでしたが、祖母の紬は丈が足らないので着れず、そして、母の紬は柄や色の趣味が違う。そして、着物ダンスは一棹しかありません。

着物はシーズンごとに陰干しし、たとう紙(着物をしまう時に包む紙)を変えるなどの手間も多いので、着れそうにない紬を買い取ってくれるところを探してみました。

着物を買い取ってくれるところは、結構ありました。 

「スピード買取り.jp」「ヤマトク」「たんす屋」「福ちゃん」「久屋」など、ほとんどが、無料査定無料・出張費も無料・宅配買い取り見積もり無料とあります。

電話をして、どのくらいの金額になるか聞いたところ「現物のお着物を拝見しないとわかりません。」といわれるばかりで・・・。
相場がわからないので、まずは近くのリサイクルショップに何点か持っていくことにしました。

紬を査定してもらいました

まずは、近くのリサイクルショップで見積もりをしてもらいました。見積もり商品は以下の着物です。

祖母の大島紬3枚(購入価格不明)、母の大島紬3枚(購入価格が20~30万)、自分の大島紬3枚(購入価格が20万~30万)、男性用のの仕立てていない結城紬の反物(購入価格25万)、作家さん物の紬【購入価格70万)の計10枚と1反です。

査定の結果、近所のリサイクルショップでは、なんと9500円!!!
そして、祖母の着物は買い取れませんといわれました・・・。もちろん全ての着物を連れて帰りました。

あまりの安さにショックをうけましたが、紬の価値をわかっている着物買い取り専門店ならもう少し高い査定価格になるかなと、再度チャレンジしてみることに。

今度は専門の着物買取店へ

 
宅配で査定をお願いしようかとも考えましたが、本当に返ってくるか心配なので(もちろん返ってくると思いますが、)出張査定をお願いしてみることにしました。

さすがに、30分で来ては頂けませんでしたが、翌日には来ていただきました。

結果、祖母の大島は買取っていただけず。
母の大島は1枚が2000円残り2枚が3500円、自分の大島は3000円が2枚と、5000円が1枚
男性用の仕立てていない結城紬の反物4000円、 作家さん物の紬は帯と一緒なら18000円という結果となりました。

祖母の大島は着丈が短く古いので、買い取れないそうです。

母や、私の大島は買取りの値段はつきました。
(縦・横糸で柄を細かく出していて、なおかつ伝統工芸の証紙のあるものが買い取って頂きやすいのかな?)
男物の結城紬は仕立てていない反物、(もちろん商標付き)が、この値段。

作家さんの紬は、柄が特殊なので(実はキューピーちゃんのような小さい子供の柄の付け下げ訪問着)この位のお値段でとのことでした。

しかし、買い取れる紬は結構すくないので、この査定金額はいい方だと思いますと言われました。

大体、購入した時の1割ぐらいが買いとって頂ける価格のようです。もちろん、着物の種類や程度などによるとは思いますが。 

しかし、全く着物に興味のない方や、ご家族の遺品で大量の着物があり、捨てたいけど捨てるにはちょっと…と、言われる方もたくさんいらっしゃると思います。 
だいたい、着物の、種類なんてわからない方だって多くいらっしゃると思います。

そんな場合は、近所ののリサイクルショップ・ネットオークションではなく、着物についての知識のある着物買取専門店で無料査定してもらいましょう。

意外に高値がつくものが眠っているかもしれません。

2016/07/20