着物情報館しまのわ

着物についての豆知識をまとめているサイトです。豆知識の投稿はお問い合わせからお願いいたします。

浴衣はもともとどんなふうに着られていた?

1cf4f4953cc2d0fb2a27b018c844a318_s

夏の風物詩・浴衣

夏になると、花火大会や夏祭りで浴衣姿の人を多く見かけます。さらりと着られる浴衣は風通しがよく、見た目も涼やかで暑い季節にぴったりですね。

この「浴衣」という名前、よく見ると少し不思議です。浴びる衣とはどういう意味でしょうか。

実は、読んで字のごとくなのです。浴衣には「浴びるとき」の特別な役割がありました。

それではなにを浴びるときなのか――その答えは、浴衣の歴史をひも解くとわかります。

浴衣のはじまりと歴史

浴衣の起源は平安時代ごろで、入浴時に着られていました。

この時代のお風呂は現代と違います。お湯をはった湯船につかるのではなく、お湯の蒸気を満たした部屋に入る蒸し風呂でした。今のサウナのようなものですね。

だから、汗を吸わせるのにちょうどいい浴衣が用いられるようになったのです。

日本の入浴の起源は川などで水を浴びて身を清める沐浴といわれます。つまり、お風呂に入ることは水浴びと同じ意味だったことから、「浴衣」になったわけです。

ただしこれはあて字で、平安時代の浴衣は「湯帷子=ゆかたびら」とよばれていました。「ゆかたびら」が短縮されて「ゆかた」になり、「浴衣」の字があてられたのです。

浴衣と帷子は似ていますが少し違います。似ているところと違っているところを見てみましょう。

両者はどちらも小袖の一種です。小袖とは、現在「着物」とよばれている和服全般のこと。公家や武士の下着と庶民の普段着が混ざり合い、室町時代の終わりごろに原型ができたといわれます。

小袖は大正時代ごろまでつくりや素材ごとに細かい分類がありました。2枚の絹に綿を入れたものが特に小袖とよばれていて、浴衣は木綿1枚のもの、帷子は麻1枚のものを指したのです。

平安時代の入浴時には麻の小袖つまり帷子が着られていましたが、やがて木綿の小袖が主流になり、帷子と浴衣は別々のものになりました。

安土桃山時代に入ると、浴衣は入浴後の涼を取るために着られはじめます。そして江戸時代には手軽さが好まれて庶民の日常着になりました。

おしゃれ着として発展を続けている

入浴時や入浴後に使われた浴衣は部屋着の一種なので、浴衣姿で外出することは好ましくないと考えられていました。

しかし、江戸時代ごろには気軽に行けるプライベートな場ならかまわないという風潮が生まれます。ジャージ姿でコンビニに行くような感覚ですね。

洋装が中心となった現代、浴衣はむしろ特別な日に着るおしゃれなファッションとして愛好されるようになりました。丈が短いものや衿にフリルをあしらったものなども登場し、この時代ならではの進化を続けているのです。

夏の着物については、衣替えの記事も参考にしてください。

-着物の知識