着物情報館しまのわ

着物についての豆知識をまとめているサイトです。豆知識の投稿はお問い合わせからお願いいたします。

おはしょりのはじまりはいつごろ?

ohashori

着付けの決め手になるおはしょり

男性の着物は背丈に合った対丈で仕立てられている一方、女性の着物は少し長めの丈に仕立てられています。そこで、女性が着物を着付けるときにはおはしょりをつくります。

おはしょりとは、腰の上あたりに腰紐を結んで着物をたくし上げ、折り返した部分です。これをつくることで、着物がちょうどいい丈で着られます。

おはしょりをきれいにつくるのは意外と難しく、着付けの初心者が苦戦するところでもありますね。

しかし、昔の絵画を見るとおはしょりをつくっていないことが多いのです。おはしょりはいつごろから着付けに取り入れられたのでしょうか。

帯の下につくるおはしょりは明治時代から

現代では、おはしょりをつくった上から帯を締めます。たくし上げている位置が帯の下に隠れるので、腰紐は外から見えません。

実は、このような着付けをするのは意外と最近で、明治時代のころからです。それではこうなるまでにどのような歴史があったのか、順を追って見てみましょう。

現代の着物のもとになっている小袖は、室町時代の終わりごろにできたといわれます。このときはまだ女性の着物も対丈で仕立てられていたので、そもそもおはしょりをつくる必要がありませんでした。

女性の着物の丈が長くなりはじめたのは江戸時代の中期ごろです。平和が長く続いた江戸時代は、絹をたっぷり使ったり豪華な柄を描いたりした着物を着る人が増えました。

すると、これを見かねた江戸幕府がぜいたくを禁止する決まりをたびたび出したのです。そこで人々は着物のかたちや帯の結び方でおしゃれをするようになりました。

そのあらわれのひとつが着物の丈の長さというわけです。女性は屋内で着物の裾を引きずり、外出時は褄(つま)を持って歩くようになりました。

しかし、着物を持って歩くのはやはり不便なので、外では着物をたくし上げる習慣が生まれます。これがおはしょりのはじまりです。

ただ、このときのおはしょりは帯を締めたあとにつくりました。本来の帯の下にしごき帯というもう1本の帯を締めて、そこで着物の長さを調節したのです。

その後、明治維新を経て女性が外に出る機会が増えると、はじめからおはしょりができているほうが便利という考え方が生まれます。

このため、帯を結ぶ前におはしょりをつくるようになったのです。

現代に残るしごき帯

おはしょりを帯の下につくるのが普通になると、しごき帯は腰紐に取って代わられました。

しかし、完全に姿を消したわけではありません。

七五三のときに女の子が着る着物には、帯の下にもう1本、柔らかめの生地を使った帯を締めることが多くあります。

装いを華やかにするためのものですが、これがしごき帯なのです。

しごき帯は結んだ先が外から見えるので、江戸時代には朱色などの鮮やかな色を使ったりわざと長めに垂らしたりしておしゃれを楽しむ人が多くいました。七五三のしごき帯は、しっかりと先人たちのおしゃれ心を受け継いだものなのです。

-着物の知識