着物情報館しまのわ

着物についての豆知識をまとめているサイトです。豆知識の投稿はお問い合わせからお願いいたします。

大がかりな年中行事だった衣替え

yukata2

表情豊かな四季をもつ日本

海外から日本に来た観光客には「日本の四季が好き」と言う人が多くいます。日本で暮らしていると当然のように思いがちですが、はっきりと四季がある国は意外と少ないのです。

そんな風土に生きる日本人は、古来から四季の景観を和歌に詠んだり日記に残したりしてきました。四季は日本人にとって切っても切れない縁にあるのです。

しかし、実際に四季のなかで生活すると暑さも寒さもあり、台風がきたり雪が降ったりとさまざまな気候にさらされます。そこで重要になるのが、季節に合わせた着物なのです。

だからこそ、冷暖房がない時代の日本人にとって衣替えは毎年の一大行事でした。

それでは、かつての日本人はどのような衣替えをしていたのでしょうか。

単と袷と綿入れをローテーション

衣替えはもともと平安時代の貴族がはじめた風習といわれます。それが年月を経て武士や庶民に広まっていきました。

平安時代には1年をふたつに分けていて、4月1日からは夏用に生地1枚でつくられた単(ひとえ)の着物、10月1日からは冬用にいくつかの生地を縫い合わせた袷(あわせ)の着物に衣替えしました。

やがて室町時代の終わりごろになると、綿を入れて防寒機能を高めた綿入れが現れます。すると冬の着物は綿入れになり、衣替えの時期が増えました。

平安時代の衣替えをベースにして、まだ少し肌寒い4月1日から5月4日までは袷、5月5日から8月いっぱいまでは単、9月1日から9日までは4月と同様に袷、そして9月10日から翌年の3月いっぱいまでは綿入れというように衣替えをしたのです。

この日取りは季節の変わり目をあらわす節句と関連しています。

5月5日は端午の節句といい、夏のはじまりでした。5月といっても旧暦なので、現在の6月くらいの気候です。

また、9月9日は重陽の節句とよばれ、この日から徐々に寒くなるとされていました。

平安時代の衣替えは着物だけでなく、調度品も入れ替えるというとても大がかりなものでした。

江戸時代の庶民の場合、さすがに家財道具を入れ替えることはなかったようですが、それでも女性たちが着物をきちんと縫い直していました。

衣替えはまさに一大イベントだったのです。

明治時代以降の衣替え

明治維新で日本の構造が一新されると、公式な場での衣服は洋装に改められました。このため和装を着る人は減っていき、江戸時代までの手間がかかる衣替えをする人も次第にいなくなります。

しかし、日本の四季までなくなったわけではありません。

現代でも学校や職場の制服が夏と冬にがらりと変化すると、季節の移り変わりを感じられますよね。

夏用と冬用の衣服を入れ替えるという風習は、平安時代から現代までずっと続いているのです。

そして、日本に四季がある限りこれからもずっと受け継がれていくでしょう。

-着物の知識